格安航空会社の国内線

格安航空会社の国内線・ピーチ航空

日本の航空会社でもスカイマークやスターフライヤーがありますが、これらの航空会社は格安航空会社とは名乗っていません。
それ以外に、ピーチ・ジェットスター・バニラエアー・春秋航空日本(スプリングジャパン)などはLCC(格安航空会社)として営業しています。
この記事では【格安航空会社の国内線について】について解説します。
 
 
 
■ピーチ航空の国内線をできるだけ安く購入しよう!
 
もっとも安く購入するならばインターネットをフル活用する方法がいいです。空港のカウンターや電話予約する方法もあります。
しかし、その場合は別途予約手数料が必要になります。いくらぐらいになるのでしょうか?
ビーチ航空の国内線を電話予約した場合は、1620円が加算されます。
空港のカウンターで予約する場合は2700円のプラス料金になります。
 
低運賃を維持させるためには徹底的に人件費の削減をするわけです。インターネットの予約以外は人間が対応します。
だから高めに設定されているわけです。
 
予約する時期も考えなければなりません。予約が集中する多客期の運賃は高くなります。
予約が少ない閑散期は安くなります。つまり空席に連動するタイプの運賃です。時価とも言えるでしょう。
予約する時期によって航空運賃の値段は変わります。
 
一般的に最安値料金を設定しているのは2か月前です。そこを基準にして人気のある日時の航空座席は次第に高くなります。
価格変動が大きく推移するのは1か月前に入ってからです。
その時期を基準にして、空席の多い日にちや時間のフライトは空席を埋めたいですから、かなり安くなります。
 
その変動は2週間前頃まで続きます。2週間前からは次第に高くなってきます。
賢く安い航空券を購入したいならば、2か月前から1か月前の間に予約することです。
激安を狙うならば、人気のない座席がさらに安くなる2週間前まで待つことです。
場合によっては高くなることもあるので注意しましょう。


飛行機 予約

格安航空券

航空券予約

飛行機 格安

格安航空券 国内